ドイツ銀行から始まる世界経済危機

足利市不動産業界の飲み会にて、某会長が挨拶の時に「ドイツ銀行を発端とした経済危機がやばい件について」を語ろうとしたら、早く飲み始めたくてたまらない一同に止められるという事件が起きてしまいました。

正直とっても興味深くて聞きたかった内容ですが、そりゃあ世界経済より目の前のビールのほうが大事なのは当然です。株価がどうかとかより、お通しのカブの浅漬けのほうが気になります。しょうがないね。

ただ、我々の不動産業界は景気動向に非常に左右される業界です。また、単純に世界経済の今後を知ってるか否かだけで、これからサイフの紐を締めはじめようかなどの覚悟もできます。

といったところでちょいちょいとドイツ銀行について調べてみました。結論から言うと「今年か来年かわかんねーけど、世界経済マジやばくなりそうテラワロスwwwwww」って感じです。

詳しくは下記URLから記事を参照。

 

「銀行の時代」は終わった ドイツ発金融危機に日本は耐えられるか

株暴落の影でひっそり沈む「ドイツ銀行」、破綻すれば全資本市場の大暴落へ

欧州経済の崩壊をもたらす中国
(文中引用: 一方、EUはEU加盟国の銀行に対し、リーマンショックの直後から、「保有資産の時価評価の放棄」を認めた。例えば、1000万円で買った証券がその後200万円の価値しか無くなった場合でも、「帳簿上は1000万円で買ったから1000万円の資産として計上しても構わない」といった最悪の禁じ手ルールである。取り敢えずその当時は、ドイツ銀行をはじめヨーロッパの銀行は、リーマンショックによる連鎖破綻の危機を回避出来たのであったが、この頃からEU破綻に向かうレールが敷かれたのだった。)

ドイツ銀行のデリバティブ危機
(文中引用:しかし、よくもこれだけのデリバティブの想定元本を拡大できたものだと感心してしまいます。世界のGDPの合計が50兆ドルに対し、世界の株式市場・債券市場の時価総額は100兆ドル以上あります。ところがデリバティブの残高は1500兆ドルと極めて天文学的な数字が平気で並んでいるのです。プロならこの数字の意味は無視出来ないはずですが、リーマン・ショック級の金融危機はやはりこのデリバティブの残高でしょう。)

デリバティブって何?

 

簡単にまとめると・・・

ドイツ銀行「やばいよやばいよ~(出川風に)近年の金融緩和で利鞘が稼げなくなって倒産はしないまでも経営が大変だ~、助けて中国えもん~」

中国海航集団「しょうがないなぁ~ドイツ君は。そしたら君の銀行の株式を買って経営支援してあげるよ~。その代わりドイツと中国の貿易が活発化するように根回ししてよね?フォルクスワーゲンが持っている自動車関連先端技術も欲しいなぁ…ニヤニヤ」

ドイツ銀行「やばいよやばいよ~(出川風に)海航集団えもんに経営支援してもらっても全然経営が安定しないよ~~、新しい金融商品(デリバティブ商品)作りまくって投資家に売りつけまくってなんとか利益を稼がないと~~~」

ドイツ銀行「アホみたいにデリバティブ商品作りまくっちゃったけど、まぁまぁなんとかなるっしょwwwwww(ドイツ銀行が抱えるデリバティブ資産7500兆円、ちなみにドイツのGDPは約400兆円)」

(・・・時は流れて)

アメリカ「おいてめぇドイツ銀行、お前2008年のサプライムローン問題の時に市場操作して荒稼ぎしてたやろ?1兆4000億円払えおいこら集団訴訟やぞおいこら」

海航集団「すまんなドイツくん、俺んとこも経営やばくなってきた、ってかぶっちゃけそろそろ倒産しそうだから君んとこの株式安値で売りさばくわ、ってかドイツ銀行の株価安くなりすぎワロスwwwwwワロス・・・(泣)」

フォルクスワーゲン「チッスチッスドイツ銀行先輩、ちっと排ガス問題で叩かれすぎちゃってリコールの嵐なんすよwwwマジヤバっすwwwちょっと1兆円程追加融資してくんねっすかwww融資してくれなかったらウチ潰れるッスwww」

ドイツ銀行「やばいよやばいよ~(出川風に)アメリカからは集団訴訟くらうし、頼りの海航集団は経営破綻まったなしだし、フォルクスワーゲンは問題やらかすし、英国のEU離脱でポンド安になりそうなのに英国向け融資残高めっちゃ多いし、このままいったらマジでうち経営破綻しちゃうよ~~~。」

ドイツ銀行「経営破綻したら投資家に販売しているデリバティブ資産7500兆円はパーになって、多分首吊る投資家とかも出てくるだろうし、もしウチが潰れたら前のリーマンショックの時のおよおそ4倍くらいの規模の経済危機になっちゃうよ~~~、でも役員報酬は高額のままから変えませ~~~ん、だってお金欲しいもんね~~」 ←今ココ

 

(ちょっとふざけすぎましたが)・・・といったところで、ドイツ銀行がもし経営破綻するようなことなれば、リーマンショックを超えるレベルの経済危機がかなりの確率で起き、そしてそのドイツ銀行の経営破綻はかなりの確率で起きるのではないか…ということが金融業界では噂をされているとのことです。

 

とはいえ、直近のリーマン問題を経験した人間だと仕方ないかもしれませんが、ドイツ銀行問題というのは「落ち武者は薄の穂にも怖ず」で、過度に恐れたり構えすぎたりしてしまうと、むしろ十全に動けなくなってしまったり、持たざるリスクで収益機会を逃したりしてしまうことにもなりえます。

我々一般の人間が出来ることは

経済情勢が仮に悪化したとしても問題がないレベルの生活水準や借金で抑える(過度な贅沢をしない)

(信用取引など)過度な借金をしてリスクの高い投資や投機に手をださない

そして、

値段の高い新築住宅だけに目を向けず、リフォーム済み中古住宅という値段と質のバランスに優れた物件にも目を向けてみる!!!(←最重要)

 

といったことに気を付けて生活していくことが大事なのではないでしょうか。

株式会社ハウスメディアでは良質で、かつお求めやすいリフォーム済み中古住宅を各種とりそろえております!どうぞ、よろしくお願い致します!!!

明けましておめでとうございます(遅い!笑)

大変遅くなりましたが、本年度もよろしくお願い致します。いや、年明けてからどれだけ経っているんだという話ですが(笑)

大変ありがたいことですが、昨年末から長期間、かなり業務的に忙しい状況が続いております。

 

昨年末弊社でお預かりさせて頂いた「鹿島町中古戸建」「セントラルハイツ足利」ですが、年度早々にご契約を頂きました、また弊社の自社物件の「佐野市犬伏新町中古戸建」もリフォーム完了と同時にご契約頂きました。

 

本来、不動産業の特に売買部門においては師走のシーズン、年初のシーズンはそこまで忙しくならないところ、お問合せも数多く頂き、忙しく仕事をすることができ、顧客の皆様には感謝しかありません。

引き続き、今年度も両毛地区の不動産取引の活発化・公正化・提案力による価値の向上に努めていく所存です。

 

 

物件の仕入れも非常に好調です。

①太田市市場町平屋建て

②太田市由良町中古戸建

③太田市山之神町中古戸建

④足利市伊勢町マンション

を来月と再来月にて仕入れ予定。

 

また、来月には足利市本城のニュートンヴィレッジのリフォームが完了します。

 

お求めやすい金額設定にしようと思っている足利市大前町の中古戸建も来月リフォーム完了予定です。水回り交換とクリーニングで綺麗にして500万円以下での値段で販売予定です。

 

佐野市小中町も多少の価格交渉応じられます!ぜひお問合せください。

 

また、契約して頂いた佐野市犬伏新町中古戸建の周辺にて収益物件を購入予定(こちらはまだ商談途中) 本年度は賃貸部門を設立することも視野にいれております。(現在は、ほぼ賃貸の募集業務、管理業務を受け付けできていない状況です。)

周辺の大家さん、アパートをお探しの方からお問合せを頂いたても「ウチ賃貸やってないんです」というお答えしかできないことも心苦しく感じており、業務経験のある専門のスタッフを見つけることができればすぐにでも!という状態になっておりますが、まぁ当然そこが一番難しい(笑)

 

といったところで、弊社設立約3年、業務を本格的に開始して丸2年、なんだか飛躍の年となりそうな感覚が高まっていますが、高まってる気だけで終わらないように頑張っていきたいと思います!

今年度もどうぞ!よろしくお願い致します。

おごれる人も久しからず スルガ銀行

スルガ銀行の不正融資問題が長期化し、更に別の問題もポコポコと噴出しております。

 

スルガ銀行:社員が1億6500万円不正流用、顧客定期解約で融資に

スルガ行員からの「融資の見返り要求」LINE入手 第二の“かぼちゃの馬車”「ガヤルド事件」の裏側を元従業員と販売会社が激白

スルガ銀「融資」問題、実績がボーナスに直結

 

新たな問題が発覚するたびにスルガ銀行の株価は下がり、今現在はなんとこんな事態に…(年初から株価は1/4まで下がりました)

ここ数年、スルガ銀行は他地方銀行の3倍以上の株価水準で推移していたことを考えると、まさに

 

盛者必衰の理をあらはす

おごれる人も久しからず

 

です。

 

行き過ぎた成果主義が行き着いた末路…、といったところでしょうか。社会倫理を無視し、利益のみを追求してしまった時、すべからくこういった結末を迎えてしまうものなのでしょう。

とはいえ、時の金融庁長官は全国の地方銀行に向けて「お前らはゴミクソだ!!!スルガ銀行を見習え!!!」と大号令をかけたり、私達不動産投資家にとってみてもスルガ銀行というのはどこも融資をしてくれない最後の砦だったりしたわけで、そんな方々が手のひらを返したように「スルガ銀行はクソ!!!」というのは厚顔無恥なのではないかとも思います。

 

スルガ銀行は、シェアハウウス販売業者と結託して、無知な高年収属性のサラリーマンを「カタにはめる」ことまでして利益を伸ばそうとしていました。これはやりすぎです。

ただし、高属性の方が不動産側の問題で融資を受けれないときに、属性のみを担保にして高金利でアパートローンを融資するという、銀行側もリスクを取ったスキームで利益を伸ばしたことは私は非常に高い評価をしています。これは他の地方銀行が踏み込めなかった部分に、スルガ銀行だけがリスクを取って踏みこみ、利益を得ることができたからです。

 

今回のスルガ銀行の一連の流れからは、モラルを無視した利益の拡大、行き過ぎた成果主義というのは会社を壊すということが学べます。経営者にとって非常に勉強になる案件となりました。

また、利用者や株主側の視点としても「明らかに他と比べて拡大のスピードが早かったり、担う範囲が広かったり特殊すぎるのは危険」という事が学べたのではないしょうか。

 

なんだかんだいって、私はスルガ銀行の他銀行と一味違う融資スタイルは惹かれていたので、再浮上してもらいたいし、見習いたいとも思います。ただし、モラルは持ち合わせながら。

脅威!黒船来航か!ヴィレッジハウスについて

丁度一年程前に「西日本の雇用促進住宅を一括購入して、低い家賃・初期費用設定で賃貸業界に殴り込みをかけてきた外資系会社ヴィレッジハウス」の記事を書きました。

その後、西日本から勢力を拡大し、日本全国にエリアを広げたようで、足利でも3件程の団地で募集をかけています。

さてさて、弊社近くの足利葉鹿団地を見てみると・・・、室内結構キレイやんけ・・・(;・∀・) 外壁塗装など、外装は多大な費用がかかりますからやらないようですが、家賃をあげるくらいなら内装によりお金をかけた方が確かな効果があるでしょう。

2DKの間取りで室内がこのくらいのレベルでリフォームしてあり、価格が2万円台なら十分に競争力はあると思います。(ネックは5階建てなのにエレベーターがないことですが、それは市営・県営団地なども同じですしね。)

更に、敷金・礼金・仲介手数料・更新料・カギ交換手数料なども一切かからないのは、初期費用を捻出することができない方が増えている昨今では、非常に強みになっていると思います。

あとは、地方でどういう方法で客付けをするかが謎ですが…、物件詳細画面から即座に問い合わせができるUI、ヘルプを押すとオペレーターがリアルタイムで回答してくれたりと、合理的な外資系らしいシステムが構築されており、こういった部分は本当に勉強になります。

 

しかし、こうしたライバルも増えてくると、本当に地方で収益物件を持つというのはリスクです。情報がネットで簡単に仕入れられるようになった昨今、顧客はより安く、より質の高い賃貸物件に集まりますから、本当に頑張ってアパート経営をしなくては空き室ばかりになってしまう。恐らく、ほとんどの現在の足利の大家さんたちは「賃貸経営って儲かる」とは考えていないはずです。「賃貸経営だけは絶対やるな」と次世代に言い聞かせているのではないでしょうか(笑)

厳しい生存競争を呈してきた賃貸経営業界で、なんとか生き残っていくために日々精進するしかありませんね。家賃を下げても収益を下げないためにはどうするか、経費を無くすためにはどうするか、アパートの質を費用対効果よくあげるにはどうするか、客付けを効率的に行うにはどうするか…、勉強し続けたいと思います。