住宅ローン控除の現行年数10年が延長されるそうです(これなら増税後に住宅購入したほうがいいのかも?)

住宅ローン減税、延長を検討 政府、消費増税対策で最長5年

 

住宅ローン減税(控除)が延長!現行の10年から1~5年延長される予定

 

上記はニュース記事です。

表題の通り住宅ローン控除の現行年数が10年→11~15年程度となるようです。

理由としては消費税後の需給悪化に備えるためとのことで、不動産業界としては素晴らしいニュースですね。

 

で、私がこれ見て思ったのが「むしろ消費増税後に家を買ったほうが恩恵受けるんじゃね?」というものです。ということで計算してみました。

今回は消費税2%分のコストアップと住宅ローン控除が仮に13年に延長されると仮定して、3年分の控除分のコスト減で対比をさせます。

 

(建売の場合)

建売住宅の建物金額はおおよそ1000万前後、借り入れ金額2000万円を想定

消費税増税後のコスト増→1000万×2%=20万円

住宅ローン控除3年分 借り入れ11年目~13年目の残債金額の合計×1%

→(14,848,427+14,316,997+13,780,227)×0.01=429,456≒43万円

 

なんと消費税増税後に購入したほうが23万円安く済みます!!!w

 

(注文住宅の場合)

建物代金を2000万、借り入れ金額を3000万として計算

消費税増税後のコスト増→2000万×2%=40万円

住宅ローン控除3年分 借り入れ11年目~13年目の残債金額の合計×1%

→(22,272,574+21,475,419+20,670,259)×0.01=644,182≒64万円

 

あれれ~~~wwwやっぱり消費税増税後のほうが安いです!!!

 

 

あくまで住宅ローン控除が3年分延長される計算ですが、増税後の方が総コストが安くすむ計算となりました。仮にローン控除が2年延長で調整された場合は、増税分と控除での減税分が丁度相殺される程度になりそうです。

 

といったところで「増税前に買わないとやばいよやばいよ!」なんて出川ばりに営業かけてくる住宅メーカーの人には

え?住宅ローン控除の延長がなされる場合は増税後に買ったほうがむしろお得なんじゃないですか?更に言えば、かけこみ需要時に土地や建物を高値掴みするよりも、閑散期に安くそれらを仕入れられれば控除うんぬん関係なしにコストを安くすることができません?

って感じで牽制パンチを食らわせてやりましょう!w

今は不動産業の閑散期です

不動産業が一年で一番忙しい時期は2~3月、次いで10~11月、6~7月となります。

逆に4月、8月、12月あたりはあんまりお客さんが来ません(笑)

お客さんが来なくても仕事はたくさんあるのですが、比較的余裕もあるのは事実なので、、、

事務所の裏に家庭菜園を作ってのんびりとしておりました(笑) 大変なだけなのに見栄えにこだわって芝生も敷いちゃいました(;^_^A

夏場には大量のナスが収穫できることでしょう、今から楽しみです。

そして、門扉前にアプローチとしてのタイルを敷いてみました。この溢れる手作業感よ。

材料費はタイルが全部で3000円くらい、セメントが1000円、木はそこらへんに転がってた余り物で、累計5000円弱です。セメントが固まったら、更にセメントで緩い傾斜を作り、周りに砕石を敷きこめば綺麗になると思います。

 

弊社はリフォームをしていない、売主様から預かって販売させて頂いている中古住宅の取り扱いもあります。あまりお金をかけないで自分で出来るだけ頑張る、といった方向けのアドバイスもできますので、お気軽にご相談ください。

 

アパートのリフォームによる価値向上について(ロフト階段編)

事務所兼自宅がそろそろ完成しますので、今住んでいるアパートからの引っ越し準備をしています。

弊社は不動産投資(賃貸経営業)をメイン事業の一つとしております。去年の夏ごろアパートの一室が空いたので、ちょっと実家を出たくなった(笑)私は自社アパートの一室に住んでおりました。

そこで思ったことが一つ…。ロフトマジ使いづらい…。ロフトに上る階段がちゃっちすぎて昇り降りが怖いしおっくうになる。というか、こんなの階段というかハシゴですよね。

そこで私は「昇り降りがし易くなれば、いつの間にか物置スペースになってしまうロフトの価値がもっと上がる!」と考え、

木材を買ってきて階段を自作しました(笑)

塗装が面倒で大分まだら模様になっていますが、造り自体はかなりしっかりしており、更に踏板一枚一枚が足の幅と同じ程度ありますので、板を踏んでいる時の安心感が非常にあります。

通常のはしご階段だと手でしっかりと身体を支えながら昇り降りをする必要がありますが、これならば手を放して普通に階段を昇り降りするような感覚で使えます。

ロフトへの階段をこれに変えることによって、しっかりロフト部分を寝室として利用でき、居室部分にテーブルなどを設置するなど空間を有効的に使えるようになりました。

 

ちなみに弊社のアパートのロフトは天井高さが立って歩けるほどあり、広さも2~4帖分ありますので、ロフトに昇ることがおっくうで無ければ非常に使い勝手の良いスペースです。1DKのロフト付きの物件がほとんど2DKのような感覚で使えます。

 

インターネットで検索してみるとはしご階段のようなものしか置けない狭いスペースのお部屋にも対応している、ロフト用階段っていくつもあるようです。ただ、かなり値が張るものが多いですから、家具屋さんに数十個単位で制作依頼をして単価コストを下げて作ってもらうのが現実的な気がしますね。

一緒にロフト階段作りたい!という両毛地区の大家さんいたら連絡ください(‘ω’)ノ

お家を探そう!ネット検索編

下記は私が中古住宅再販業者「カチタス」で働いていた時に物件情報を探していたサイトです。毎日出勤後5分間、ブックマークを一斉に開いて新規登録物件をチェックするのを日課にしていました。

大体これらに載ってる物件で業者レベルの情報量は確保できると思います。希望のおウチが見つからない!方はお試しアレ。

不動産ジャパン!

nifty不動産

yahoo不動産

自宅・事務所で使える掃除機を購入しました

新居にお引越しされる方、悩みどころは家具・家電をどの程度まで買い替えるかだと思います。

1から10まで新品で揃えると平気で数十万円を超えてくる…。でも折角の新生活だしちょっとくらいの贅沢はね♪といったところで、私は冷蔵庫と掃除機を新しく購入しました。(今まで使っていた冷蔵庫は事務所にて使用)

購入したのはマキタの「充電式クリーナ バッテリ内蔵式 4076DWR」です。

吸い込み力はそこまで高くないものの、ハンディタイプに簡単に切り替え可能、充電もバッテリーを取り外さずそのまま充電可能でずぼらな私にピッタリ。自宅も事務所も全てフローリングなので吸い込み力不足で困る場面もなさそう。

コードレスで手軽に持ち運びできるので、お客様をご案内する前に物件に持っていってササッと清掃できちゃうのもいいですね。使ってみて良い感触なら2台目購入をして、常に充電マックスの1台を車に置いておくという運用方法をとってみたいです。

いつか憧れのダイソンを購入できるようにお仕事頑張ります!